☆☆☆☆☆☆当ブログ内の画像をクリックしていただくと画像だけの画面に飛びます☆作例捜しは右の欄・検索を利用してね ☆☆☆☆☆☆ このブログは 作例検索がしやすいので 長く残す為に  一ト月に一回記事のアップをしていきます ごくらく鳥花Uは http://ameblo.jp/kintuko5124/ です

2012年10月21日

秋の香りいっぱいの琳派

花材 杜鵑・竜胆・孔雀菊・丸葉万作・鳴子百合

お手直し前
1021a-1.jpg


注意を受けた事
➀ リンパはここまで奥行きをつけない 
  前後感をもう少しなくして(琳派絵画なのだから)
➁ もう少し 花材をきれいに整理する


整理をして省いた花材
1021a-2.jpg
沢山だ事(/_・、)

お手直し後
1021a-3.jpg


同じ器で
牡羊座先生の作品
1021a-4.jpg


他の器でかわいい先生の作品
1021a-5.jpg


るんるん先生の作品
1021a-6.jpg



この器でのお稽古が一番多いかも〜
CD先生の作品
1021a-7.jpg


思うところがあって今回は 何時もの感じではなく 
少し違う感じにいけてみたが  だ〜〜い失敗であった ^^



いつもぽちありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ
にほんブログ村⇒ブログランキング参加中です応援宜しくお願いしますm(_ _)m
posted by 8787 at 00:00| Comment(2) | いけばな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これがホトトギスの琳派ですね。
とってもいいですね。秋らしくて。
紅葉がきれい!

大部竜胆のお花省かれましたね。
器が黒だと締まってます。

他の花器もすべて素敵な琳派でした。
Posted by ケイコ at 2012年10月22日 21:53
★★★ケイコ様

杜鵑の琳派  地味になりすぎるんじゃないのと思いましたが
紫や白が効いて来てよかったです

当方はこの時期 紅葉した赤を沢山使うほうが良いのかと思っていましたが

大先輩によると 山火事のように見えるようではダメだそうで
ほどほどに効かして下さいとの事
ホドホドが解らん 実に抽象的で便利な言葉だ^^

竜胆は自然ではもう少し少ないとの説明だったような?
心の中では“エッ!自然って・・これ絵画的だから
大げさデフォルメで花、沢山 有りではダメなん”
なんて 得意の真面目に聞かない当方が出てしまった 
但し心の中だけ(^_^;)

Posted by ごくらく鳥花 at 2012年10月23日 09:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。