☆☆☆☆☆☆当ブログ内の画像をクリックしていただくと画像だけの画面に飛びます☆作例捜しは右の欄・検索を利用してね ☆☆☆☆☆☆ このブログは 作例検索がしやすいので 長く残す為に  一ト月に一回記事のアップをしていきます ごくらく鳥花Uは http://ameblo.jp/kintuko5124/ です

2012年07月18日

丸専講習会 花奏

花材A 向日葵・雪柳・鳴子百合・トルコ桔梗  花器(尺一丸水盤)

講師の先生は 副院長&助教授と言う豪華な顔ぶれでした

取り合わせは2種類ありました

見本花 @ 正面
0718a-2.jpg


見本花 A 側面 (正面が手振れで 残念な事に(/_・、)
0718a-1.jpg


まずは役枝のみの お手直し
0718a-3.jpg


お手直し前
0718a-4.jpg


お手直し後
0718a-5.jpg


かわいい先生の作品
0718a-6.jpg


当方のメモより
役枝  主枝 副枝 客枝 の取り合わせ
  @ ○   ○  ○  全部同種
  A ○   △  ×  全部異種
  B ○   ○  △  客枝のみ異種
  C ○   △  ○  副枝のみ異種
  D ○   △  △  主枝のみ異種
の5つの取合わせ方が有ります

主枝は (器の直径+高さ)×1.5 副枝は主枝と同寸~3/4  客枝は3/4~2/3
同寸と言っても力関係は主枝の方が強くなる

花奏 第一の特徴は 交差美を見せる作品です 
役枝が器の内側に向って出てくるのも今までとは違う特徴です
交差位置は上のほうでしたほうがよく三役枝が同じ一点で交差しない
上に出来る三角形は縦にならない様 気をつける

剣山の位置は 最初は直立型の不等辺三角形の位置で稽古を始めるといい
       横に並ばない 縦に重ならない

花材(役枝)の挿し位置は剣山の外側 器の口に近い方がいいでしょう
各三点 何処からどの役枝が出ても良い

交差部分は茎や枝の線を見せる為 葉はとる 特に交差部を隠すような葉
傾斜の限界は 器の外円に高さ分をプラスした大きな円(筒)内に収まる位まで

多面性ではないが 何処から見ても美しく見えるように挿す
上段・中段・下段と言う感じで上手く纏めるとよい

なんだかなぁ 上手く纏められてないような
何か書き忘れているような
どの説明の箇所だったか 色彩美・形態美・季節美も出てきたなぁ(^_^;)
テレコを送り返す荷物の中に入れてしまったので手元に無く 
つたないメモになってしまった



いつもぽちありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ
にほんブログ村
⇒⇒★クリックするとランキングに反映される仕組みでありますm(_ _)m★









posted by 8787 at 00:00| Comment(2) | いけばな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
説明書き、参考にします〜
日曜日花奏講習会なのですが、欠席なので

スカーフでもバックに使えますね・・・
とそんなところに感心してしまいました
Posted by ひまわり at 2012年07月20日 00:02
★★★ひまわり様

欠席ですか  残念ですね
このメモに書き忘れている分を追加してくだるとありがたかったのに なんて
あつかましい事を^^

スカーフ 冬用の方が透けなくて良いよ〜
Posted by ごくらく鳥花 at 2012年07月20日 09:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。