☆☆☆☆☆☆当ブログ内の画像をクリックしていただくと画像だけの画面に飛びます☆作例捜しは右の欄・検索を利用してね ☆☆☆☆☆☆ このブログは 作例検索がしやすいので 長く残す為に  一ト月に一回記事のアップをしていきます ごくらく鳥花Uは http://ameblo.jp/kintuko5124/ です

2013年09月07日

文人調いけばな (実木瓜)

花材 実木瓜・糸芭蕉・石化鶏頭

るんるん先生の作品
0907b-1.jpg


かわいい先生の作品 正面
0907b-2.jpg


側面
0907b-3.jpg



糸芭蕉は 株に見える様にいける だそうです
と先生の説明が有りました 
が!どうしたら株に見えるか?
当方の場合 いつも迷います (^_^;)




クッキー お土産に戴きました
00045.jpg

ワ! 微妙に怖いと大人は思ったが
一つ 幼稚園生にさし上げたら“かわいい!!!”と好評でした
お母様と二人???? 子どもには可愛く見えるんだと・・・。


いつもぽちありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ
にほんブログ村⇒ブログランキング参加中です応援宜しくお願いしますm(_ _)m
posted by 8787 at 00:00| Comment(4) | いけばな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは〜〜〜まさに文人調の花姿ですね。
中国の歴史的な建物や太湖石のある
庭園の東屋などに室礼たらピッタリですよね。
Posted by nageire at 2013年09月07日 14:42
挿花に賞を取られて
載ってましたね(^0^)/

おめでとうございます
o(^-^)o

株のようにいける
先日の研究会

谷渡りの様式でした

様式とあって審査は
厳しかったです
Posted by mechi at 2013年09月07日 16:33
★★★nageire様

>庭園の東屋などに室礼たらピッタリですよね⇒確かにそうですよねぇ
中国の文人趣味から来ているのでそうなりますよね
納得です 
Posted by ごくらく鳥花 at 2013年09月07日 18:24
★★★mechi様

有り難う御座いますm(_ _)m
ヾ(^▽^)ノです

同じ株でも谷渡りの方が 決まりが有るのでやりやすいかも

様式は持ち帰った 葉を何度も何度もいい位置に
入れられるよう繰り返す事が大事ですよね

様式はしっかりとポイントを抑えるです
審査する方はそのポイントをさえ抑えればいいので厳しいと言うより・・・。
Posted by ごくらく鳥花 at 2013年09月07日 18:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。