☆☆☆☆☆☆当ブログ内の画像をクリックしていただくと画像だけの画面に飛びます☆作例捜しは右の欄・検索を利用してね ☆☆☆☆☆☆ このブログは 作例検索がしやすいので 長く残す為に  一ト月に一回記事のアップをしていきます ごくらく鳥花Uは http://ameblo.jp/kintuko5124/ です

2012年12月15日

瓶花 早くUPしなくちゃ季節感が〜

花材 柿・百合・葦

るんるん先生の作品
1215a.jpg


甘柿だったそうですよ〜
そういう情報はいらん^^

柿の実をどう捌くか 悩んだそうです
実ものって 何処を残すか悩みますよねぇ
せっかく上手く残しても 
もって帰る間に取れていたりなんかして
ちょっと残念な事になったりします

葦の葉が少し黄色くなったところが効いています




いつもぽちありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ
にほんブログ村
⇒⇒★クリックするとランキングに反映される仕組みでありますm(_ _)m★
posted by 8787 at 00:00| Comment(2) | いけばな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
柿いいですね〜〜〜
今年は自分もと思うのですが
毎年枝付きで出会う事ができません。
師走には、一つだけ残して
木守り風情もよいですよね!!!
Posted by nageire at 2012年12月16日 07:11
★★★nageire様

柿の風情って里山を思い出したり
文人趣味が有ったりして中々の物ですよね
大きな苔の生えた枝ぶりもよし
実一つも良しですよね

そういえば 実は全部取らずに 鳥のために残しておくと
奈良に行ったときに 柿ノ木の持ち主に聞いたことが有ります

木守りと言うのもあったのですね〜
Posted by ごくらく鳥花 at 2012年12月17日 10:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。