☆☆☆☆☆☆当ブログ内の画像をクリックしていただくと画像だけの画面に飛びます☆作例捜しは右の欄・検索を利用してね ☆☆☆☆☆☆ このブログは 作例検索がしやすいので 長く残す為に  一ト月に一回記事のアップをしていきます ごくらく鳥花Uは http://ameblo.jp/kintuko5124/ です

2012年12月07日

万年青の色彩様式(中間流しで)

花材 万年青・赤芽柳・椿

るんるん先生の作品
1207a-1.jpg


昨日に続き万年青関連で覚えておくといい事
中間流しの基本は万年青・梅・寒菊の取り合わせで梅を中間枝 
寒菊を客枝では寒菊の力が弱すぎると言う事で 
出来た方法だそうです

という事はこの取り合わせでは椿が完全な客枝に来て
赤芽柳は完全中間枝と言ういけ方もあるのだろうか?
赤目が来たら何の疑問も持たずに 中間流しにしていたが・・・。

前に 万年青・赤芽柳・中菊の時は中間流しと
中菊客枝の2パターンの作例が有ったが
(中菊客作例2009年2月2日に有)
この取り合わせでもそれと同じだろうか?

ううう〜〜〜〜ん 質問するのを忘れていた不覚だぁ
ご存知の方 正解をコメントにお願いいたしますm(_ _)m





いつもぽちありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ
にほんブログ村
⇒⇒★クリックするとランキングに反映される仕組みでありますm(_ _)m★
posted by 8787 at 00:00| Comment(8) | いけばな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉ〜。だんだん正月の雰囲気ですね。
黄色い実もいいものですね。
万年青は1年に1度は生けたいものです。

赤芽の中間流し、僕は好きです。
Posted by おとこのいけばな at 2012年12月07日 22:03
見せていただきました。
椿もありなのですね。

近頃ますます説明が丁寧になって、
(無縁のレベルなのですが)
ふーむ!読み応えがアップしたような。
記事にしてくださる努力に感謝です。
Posted by ミセスサニー at 2012年12月07日 22:13
>中間流しの基本は万年青・梅・寒菊の取り合わせで梅を中間枝 
>寒菊を客枝では寒菊の力が弱すぎると言う事で 出来た方法だそうです
意味も解らず、中間流しをいけていましたが納得の御説明です(*^^)v

御正月ムードが高まります。
万年青で写景盛花、色彩盛花と御稽古できる季節到来、嬉しい♪
Posted by eisui at 2012年12月08日 08:36
花は魁と言いますが、お正月らしい花姿ですね。白玉椿、柳、万年青どれも緑美しく瑞々しく良き姿ですね。
Posted by nageire at 2012年12月08日 21:47
★★★おとこのいけばな様

万年青が出てくると師走をヒシヒシと感じます
サンタさんより万年青という所がいけばな人らしいかなと思ったり

中間流しってスッキリ見える上に 上級者になった気分も味わえて
当方も好きです
Posted by ごくらく鳥花 at 2012年12月08日 23:50
★★★ミセスサニー様

感謝していただけると UPのし甲斐が有ったというものです

そう椿有りなんですよ 
椿だと菊より落ち着いた感じがするのは当方だけなのかしらねぇ
Posted by ごくらく鳥花 at 2012年12月08日 23:54
★★★eisui様

そうなんですよね
当方 随分前にも聞いていたはずなのにすっかり忘れていて 
今回他の方に説明されているのを聞いてアッソウソウそうだったわナンテネ

前の記事を見に行ったんですよ ^^
御指導くださっている先生方がガッカリしそうな生徒です へへ

本当に実もソロソロ紅くなって 絶好のお稽古の季節ですね
頑張ってくださいね
Posted by ごくらく鳥花 at 2012年12月09日 00:03
★★★nageire様

この常緑が魅力の万年青に椿の葉
この様に瑞々しい心で新年を迎えられたらいいなあと思っています

Posted by ごくらく鳥花 at 2012年12月09日 00:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。