☆☆☆☆☆☆当ブログ内の画像をクリックしていただくと画像だけの画面に飛びます☆作例捜しは右の欄・検索を利用してね ☆☆☆☆☆☆ このブログは 作例検索がしやすいので 長く残す為に  一ト月に一回記事のアップをしていきます ごくらく鳥花Uは http://ameblo.jp/kintuko5124/ です

2011年02月17日

アマリリス3本の様式

花材 アマリリス・カーネーション・菜の花

かわいい先生の作品正面
0217-1.jpg


側面
0217-2.jpg



アゲラタム・小手毬

ぴかぴか(新しい)先生の作品
0217-3.jpg



菜の花・スイトピー

リボン先生の作品
0217-4.jpg



第二作の花材 アゲラタム? 
5月〜11月位の暑い時の花だとばっかり思っていたのに
チョット吃驚  私の記憶違い(??)

いずれの作品も凄いが 第一作目は特に長さや位置が
素晴しいと思った

葉の数は第一作目8枚 第2&3作目7枚です

いつもぽちありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ⇒ブログランキング参加中です応援宜しくお願いしますm(_ _)m












posted by 8787 at 08:00| Comment(6) | いけばな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉ〜。どの作品も参考になります。
もうアマリリス様式をやる時期なんですよね。

取り合わせの菜の花。
最近苦手な花材になりつつ・・・。
その日のうちに顔が上に向いてしまうので。
そうなると生けなおすのか、それを考慮して生けるのか。
Posted by おとこのいけばな at 2011年02月17日 09:53
みなさん綺麗にいけてらっしゃいますね。

今週、雪柳の中間流しでお稽古しました。
1年ぶりだと、花留めの置き方から、中間枝の挿し位置まで、
すっかり忘れていて、トホホでございます。。

雪柳に対して、ボリュームの差が出過ぎないよう、
アマリリス2花にしたら、かえって難しく感じました。



Posted by ひろりん at 2011年02月18日 13:04
面白い組み合わせですね〜〜〜
自分は小手毬とアゲラタムの組み合わせ
が好きです。
Posted by nagaire at 2011年02月18日 21:17
★★★おとこのいけばな様

凄くしっかりと お手本のように入っていますよね
G鳥花この先生方にはよくお勉強させていただいています

菜の花は考慮してもだめですね 生けなおすか あきらめるか^^

ちゅーりっぷもです
苦手がらずに そういうもんだと受け入れてあげてください
Posted by ごくらく鳥花 at 2011年02月19日 16:40
★★★ひろりん様

何処も同じでしょうか G鳥花も忘れていることが多く
説明されて始めて  アアそれ聞いたことあったと言う事多しです

綺麗でしょ 元指導員&講師の先生です
見本花を研究会会場でいけてらした方々ですから角度長さ挿し位置がピタッと決まっています
プリントアウトして参考に使ってね!
Posted by ごくらく鳥花 at 2011年02月19日 16:48
★★★nageire様

小原流の色彩盛花様式本位という分で
主材のアマリリスの挿し方に決まりがあります
取り合わせはごらんのように 季節物です

あげらたむの取り合わせが 一番シックな色合いだからでしょうか
後はかわいい色合いです物ね
Posted by ごくらく鳥花 at 2011年02月19日 16:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。