☆☆☆☆☆☆当ブログ内の画像をクリックしていただくと画像だけの画面に飛びます☆作例捜しは右の欄・検索を利用してね ☆☆☆☆☆☆ このブログは 作例検索がしやすいので 長く残す為に  一ト月に一回記事のアップをしていきます ごくらく鳥花Uは http://ameblo.jp/kintuko5124/ です

2011年02月14日

観水型 伝える為の覚え写真

花材 連翹・アイリス・照葉椿

かわいい先生の作品正面
0214-1.jpg


側面
0214-2.jpg


珍しく一からいけて下さっていましたので 
後ろから挿し位置と留め木の位置を
写させて頂きました いけたことのない方には?の写真かも〜^^

まず側面から役枝のみが入っているところ
0214-3.jpg


役枝のみの位置                  中間高い枝が 挿された所             
0214-4.jpg 0214-5.jpg

主枝の前の中間枝が挿された所            主枝の後ろの中間枝が挿された所
0214-6.jpg 0214-7.jpg

2本の中間枝アイリスが挿された所       照り葉椿の中間枝が入って完成           
0214-8.jpg 0214-9.jpg


今回、上記作品を初めて後ろから撮影してみました 
挿し位置の確認や留め木の位置がよく判り 私自信の良い勉強になった

勿論中間枝部分は、枝の動きや花材によっては随分違ってくるのだろうが
素直な枝 素直な花材のときはこのままで役に立つ

早速 同じ材料が手に入ったので 社中さんにいけてもらった
この写真では????らしいので 下手な図解にしてだが・・・。
とてもスムーズにいけてもらえた ヾ(^▽^)ノ

プレゼント先生の作品
0214-10.jpg

バー先生の作品
0214-11.jpg



とてもこの作品のようにすっきりとは行かなかったが 
七宝が苦手にならない位 スムーズだった

第一作目の先生と御指導の先生に大感謝ですm(_ _)m
社中さんに間違いなく教えていけてるか?
いつも気になりながらの 頼りない先生業もしています。(^_^;)


いつもぽちありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ⇒ブログランキング参加中です応援宜しくお願いしますm(_ _)m

posted by 8787 at 08:00| Comment(10) | いけばな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
七宝の挿し位置や留め方は写真だとすごくわかりやすいです。
七宝をする機会はあまりないのですが、いざやるとなると本ではよくわからない部分もあって。
とっても勉強になりました。
Posted by fujinomae at 2011年02月14日 10:20
★★★fujinomae様

アア!よかった 
G鳥花だけしか判らんかも〜 と思っていましたが・・・。

一度同じ花材で留め木の位置も まんまでいけてみると
とてもよくわかります 
当方も社中さんに教える前に同じ花材を買って来て
このまんま いけてみました 説明が出来るまで何度もね^^ヾ

おかげで とてもいい感じに教えることが出来ましたよ
Posted by ごくらく鳥花 at 2011年02月14日 12:05
とても分かりやすいです。
目でみると納得しますね。
この通りにいれると型が整い
そうです。
Posted by ケイコ at 2011年02月14日 18:04
こちらでも研究会が観水型でした
観水型の場合、七宝を使った方が
役枝の角度や位置付けが分かりやすいということで
奨励されているようです
大穴よりも、留めやすい縦穴横穴を使うんですよね

今回の連翹・・・花は少ないけれども
扱いやすそうですね
Posted by みちこ at 2011年02月14日 23:39
すごーい、まるで教本のようです〜
ご指導の先生も、ごくらく鳥花さんの撮影にあわせていけてくださったのですね
さすがです
ありがとうございましたm(_ _)m
Posted by ひまわり at 2011年02月15日 00:24
こんばんは^^
とっても分かりやすい写真をありがとうございます〜。

中間高い枝が大穴から出されていて、すごいな〜って思いました。
留め木を上手く使われていますよね。
参考にさせて頂きます☆

私の先生は、私の表情をいつも見ておられ、理解していないと判断された時は、
すぐ図解して説明して下さいます(笑
Posted by crea at 2011年02月15日 00:29
★★★ケイコ様

>この通りにいれると型が整いそうです。
まさに仰るとおりです

今まで結構アアでも無いコウでも無いと
苦労していたのがうそみたいに楽に入りました
是非是非お試しください!!!!
Posted by ごくらく鳥花 at 2011年02月15日 10:54
★★★みちこ様

そうなんです 扱い易い連翹でしたよ〜

観水型 七宝の方が楽です
今回は七宝はじめての 中一A子ちゃんに伝授しました
今までいけた事のある人だと どうしても我流部分が出てきますのでね
素直な相手で 非常に教えやすかったです

さて後の社中さんには どうしよう(^_^;)
Posted by ごくらく鳥花 at 2011年02月15日 11:01
★★★ひまわり様

狂奔アレ!教本のようですか 
いけたことのある方にはそう見えるのですね
よかったぁ 初めての人にはナンジャコリャだったようです^^

御指導の先生は この方には結構ゆっくりとしっかり
教える時に役立つよう 御指導なさっています
G鳥花なるたけ傍に居て聞くようにしています
Posted by ごくらく鳥花 at 2011年02月15日 11:10
★★★crea様

分かりやすくて よかったです
七宝経験者には やはりわかってもらえるのですね
ただ! 中間枝には 決まりが無いので何処からでも良いのです
参考という事で・・・。 役枝はしっかりこの位置を押さえて下さいね

何しろ 写真を見せたら 逆さまやし何の事か分らん
との素直なお返事だったので 今回は図解してみました^^ヾ
滅多に図解はしないのです 余計に分らんといわれたりするので^^
Posted by ごくらく鳥花 at 2011年02月15日 11:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。