☆☆☆☆☆☆当ブログ内の画像をクリックしていただくと画像だけの画面に飛びます☆作例捜しは右の欄・検索を利用してね ☆☆☆☆☆☆ このブログは 作例検索がしやすいので 長く残す為に  一ト月に一回記事のアップをしていきます ごくらく鳥花Uは http://ameblo.jp/kintuko5124/ です

2011年02月01日

今年の課題 写景自然

花材 猫柳・木苺・椿・菜の花・柘植

お手直し後
0201-2.jpg


お手直し前
0201-1.jpg



最初に 椿の綺麗に咲いている枝を2本選び出した時点でレッドカード
ピピピピ〜の笛の音が聞こえるほどだった^^
それはない! とのお言葉  使いたいよ〜〜〜ストレスたまるぅ〜

この取り合わせでは 猫柳と木苺の配分がポイントになる
まず 川辺の猫柳⇒木苺⇒椿 と言う風に岸になってくる
柘植は下草のように扱わずに 少し高低をつける
菜の花は 菜の花として使っても良いが この時期なら
蕗の薹のように扱っても良い
との御説明を聞いたが  ふぉにょ〜〜いまいち雰囲気がつかめん

椿を一枝選んでくださったが 後が付いていかへんやん
まいったぁ〜  で!何とか完成したが
お手直しは 書かれへんぐらい多かった(/_・、)


ぴかぴか(新しい)先生の作品
0201-3.jpg



かわいい先生の作品
0201-4.jpg



るんるん先生の作品
0201-5.jpg


リボン先生の作品正面
0201-6.jpg


側面
0201-7.jpg


凄い奥行きだった


今年の課題 写景盛花自然本位  一回目は完敗でした


いつもぽちありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ⇒ブログランキング参加中です応援宜しくお願いしますm(_ _)m







 
posted by 8787 at 08:00| Comment(4) | いけばな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
花器が変わると
景色もちがってみえます。
偶然でしょうけど、青の色の水盤に咲いた赤い椿がよく合って咲いた花を使いたくなる気持ちが分かります。

丸水盤でも水面がこんなに大きく見えるんだなあとビックリです。

Posted by ケイコ at 2011年02月01日 09:15
★★★ケイコ様

気持ちがわかっていただけてうれしいです(/_・、)

器選びは 重要ですね 今回は丸水盤に近い大きさで写景に合う物とおもってこれにしましたが

枝ものが4種類だと もう少し大きい器のほうが良かったかな?と・・・。

しばらくは 自然に挑戦です
Posted by ごくらく鳥花 at 2011年02月01日 23:16
つげの褐色の色が花をキリッとした風情にしてくれていますね
いけてみたいです!
花材が揃えば、ですけどね〜
こちらではまだ木苺が出てこない
Posted by みちこ at 2011年02月02日 23:37
★★★みちこ様

木苺は研究会5・6・7日でも活躍します
こちらでは葉もG鳥花の高く使った枝に付いてる葉位の大きさのも出回っていますよ
現実には いつもの年より寒いのでまだまだ春遠しですが
暦の上でも 花材の上でも 春です

紅柘植 と緑のものが入っていて 使いやすかったです
Posted by ごくらく鳥花 at 2011年02月03日 01:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。