☆☆☆☆☆☆当ブログ内の画像をクリックしていただくと画像だけの画面に飛びます☆作例捜しは右の欄・検索を利用してね ☆☆☆☆☆☆ このブログは 作例検索がしやすいので 長く残す為に  一ト月に一回記事のアップをしていきます ごくらく鳥花Uは http://ameblo.jp/kintuko5124/ です

2009年03月20日

3月研究会1級脇&3級

花材  山桜・ぜんまい・山羊歯

器 尺一丸水盤

O&K 各先生の作品
正面
DSCN8641.JPG
側面
DSCN8642.JPG

正面
DSCN8644.JPG
側面
DSCN8646.JPG


花材  芽出し木苺・薔薇・晒し山羊歯

器 尺一丸水盤

is 先生の作品

DSCN8674.JPG

社中さんの為に 一生懸命に質問されてましたよ

*剣山でいけてもいいですか?いいですけど観水型は七宝の方が
位置がわかりやすいですよ

*主の長さ出る位置角度はシッカリと決める 

*副はまず 縦穴に垂直に入れてそれから外側前に倒して 
客枝より外側に行かない

*小原流の中間枝は自由性が持たせてあるが、一般的に枝5本になると
主・副以外の3本のポジションは、長年の習慣と先生方の経験で此処が一番綺麗だと言う
最大公約数の場所があるのでそれを勉強してほしい
中間高に1本 主枝の前と後ろに各一本であるが 
前に入ってくる枝は必ずしも後ろの七宝から出てこなくても 前の七宝からでも良い

*花は取りますか?  色彩だからそれは自由です。綺麗に見えるほうに・・・。  
ただし様式で芽出しの時は必ず取って下さい

*晒しの表現  どんな時でも白い晒し物を白いで置いておくという使い方ではなく!! 
各季節ごとに表現を変える 今回の場合一例として春風をイメージして
  個性の出るところです 中間枝


研究会を受ける皆様 ガンバ!


にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m
posted by 8787 at 08:00| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上の活け花、めちゃくちゃ渋いですね!!

山羊歯と山桜のかけあいが野性的でいいです。

本当に少しのバランスを崩すと「ただぐちゃぐちゃしているだけ」になりそうですが、野性的でも洗練された感じに仕上がっているところに芸の奥深さを感じます。

ありがとうございます。
Posted by saruya at 2009年03月20日 11:35
こんにちは^^
まあ、ぜんまいが。。。
本当に何も知らなくてすみません。
ぜんまいが花材に、とびっくりしてしまいました。
すごいアクセントになっていますね。
Posted by まりおまま at 2009年03月20日 19:12
上の作品は木苺の花が咲いていて、黒水盤と合って
素敵ですね〜
ゼンマイの入れ方も軽い感じで木苺同様に
動きがあるな〜と思います。
こんなのを、投入れでも生けてみたいです☆
Posted by 香り at 2009年03月20日 20:26
3月の研究会、これからなんですね
こちらではもう終わったので、のんびり気分です
観水型の、晒し山しだがさわやかで良いですね
黄色いバラも、春っぽい色合いなので
きれいに見える取り合わせですね
取り合わせだけで、印象が違ってくるので
これは、良い点がたくさん出そうな予感です(^^)
Posted by みちこ at 2009年03月20日 22:47
★★★saruya様

こんばんは!お久しぶりです 
フランス花留学から帰ってきてからお忙しそうですね
《デュプロマ》の資格に小原流の花の感性をプラスして
貴方らしい花を完成させてください
花で生きていく なんて素晴らしい人生ですよネ

それはそうと ブログ村に登録してらっしゃるのに
“花鳥風月”の記事にバナーを貼ってらっしゃらないのはなぜ?
Posted by ごくらく鳥花 at 2009年03月21日 01:58
★★★まりおまま様

ぜんまい 食べるものですよネ^^
生えてる所を実際に見た事が無いので 
いけあがった他の人の花でいけかたを憶えています(へへゞ

お惣菜売り場で薄揚げと煮てあるものしか見た事が無いので
形は面白いけど結構違和感あります
Posted by ごくらく鳥花 at 2009年03月21日 02:03
★★★香り様

白っぽいお花は黒の器ににとてもはえます
他の色の器に入れるより作品がより良く見えます
お瓶花にしてUPしてください 待ってま〜す
Posted by ごくらく鳥花 at 2009年03月21日 02:07
★★★みちこ様

4月研究会が無いので 遅い週になったのかなぁ
取り合わせ 黄色の薔薇との指定は無いので
当日の薔薇の色や 咲き具合で随分と印象が変わってくると思います
特に今回は 教場に入れている花屋さんの番ではないので
花材が同じでも雰囲気が随分違ってたりするんですよねぇ
って自分が受けるみたいに言ってますが仕事同様リタイヤしています(へへゞ
Posted by ごくらく鳥花 at 2009年03月21日 02:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。