☆☆☆☆☆☆当ブログ内の画像をクリックしていただくと画像だけの画面に飛びます☆作例捜しは右の欄・検索を利用してね ☆☆☆☆☆☆ このブログは 作例検索がしやすいので 長く残す為に  一ト月に一回記事のアップをしていきます ごくらく鳥花Uは http://ameblo.jp/kintuko5124/ です

2009年02月14日

文人調 2作

花材  白木蓮・椿

器 寧窯角切花瓶

*£ 先生の作品  お手直し前

DSCN8298.JPG

お手直し後  正面
DSCN8309.JPG

木蓮はほとんど同じに見えるんですけど〜〜
お手直し後の方は 椿の口元の処理が綺麗で 器から浮いて見えない 
どうしても器に近づいていけるので 余程気を付けないと
腰高の器の口から離れた作品になってしまう
一歩後ろに引いて 離れてみなさいと言われていてもついついネ!

 側面

DSCN8310.JPG

前にぐっと出ている枝が圧巻です 木蓮は枝分かれが多いので
つい枝を整理しそうになりますが Y字型に枝分かれしているのが
他に無い特徴なので あまり整理をしない様に との事でした


同じ花材と器で

§◎ 先生の作品 正面

DSCN8288.JPG

DSCN8289.JPG

流石に先生方 同じ花材 器 でも それぞれの枝の 特徴を生かして
違った雰囲気の作品になっています   勉強になる〜〜♪♪


 にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m
posted by 8787 at 08:00| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

そうですよね。
枝の動きやあしらいによって、花の雰囲気が変わりますね。

どちらも素敵です。
Posted by さな・花の庵 at 2009年02月14日 19:34
わ〜〜素敵ですね。木蓮の良き枝ですね。
頭が重くて留めるの難しいですよね。
椿との組み合わせも良い雰囲気ですね。
Posted by nageire at 2009年02月14日 21:19
手前の木蓮の勢いに圧倒されますね!!
椿も春らしく、開花を高めに使うようになって
見ていたら、いけてみたくなって来ました
白い角切の器との相性も良いですね
Posted by みちこ at 2009年02月14日 23:24
いつも手直し前と後での画像や、側面画像が貼付されているので、とっても勉強になります。(同じようには入れられませんが…。)

しかし、どの作品も凄く前傾してたり奥行きのある作品で実物を拝見したらインパクトあるんでしょうね。
Posted by 男のいけばなと暮らし at 2009年02月15日 00:39
★★★さな(花の庵)様

こんばんわ! 木蓮取り合わせも器も格調高いものの方が良いようです

京都にお住まいでしたかしら? 
今 京都駅に知り合いが 木蓮を格調高くいけています
もし近かったらご覧になってくださいませ
Posted by ごくらく鳥花 at 2009年02月15日 00:51
★★★nageire様

とても良く締まった木蓮のいい枝でした
時期が悪いとビヨ〜〜ンと間延びのした枝が来たりして
難儀する事も有りますが この季節はまだ締りが良いようです
Posted by ごくらく鳥花 at 2009年02月15日 00:56
★★★みちこ様

器との相性抜群でしたよ
それに 二人ともとても上手な方なので口元の締りが良くて
側面写真でそれが良くわかります  見習いたい^^
Posted by ごくらく鳥花 at 2009年02月15日 00:59
★★★男のいけばなと暮らし様

3D写真にしたい位です  正面からだと奥行きが全然でないですものね
何とか動画が入れられないものかと思っていますが
どうして良いのか 全くわかりません  (へへゞ
そうなるともっとわかりやすいのかと思っています
Posted by ごくらく鳥花 at 2009年02月15日 01:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。