☆☆☆☆☆☆当ブログ内の画像をクリックしていただくと画像だけの画面に飛びます☆作例捜しは右の欄・検索を利用してね ☆☆☆☆☆☆ このブログは 作例検索がしやすいので 長く残す為に  一ト月に一回記事のアップをしていきます ごくらく鳥花Uは http://ameblo.jp/kintuko5124/ です

2009年02月07日

琳派 枝垂れ柳

花材  水仙・椿・枝垂れ柳

器 扇面花器

琳派のお稽古花に枝垂れ柳の取り合わせは 今までに・・記憶が無いが・・・。

NI 大先輩の作品

DSCN8293.JPG

枝垂れ柳を 流水のように見立てたそうです


♪□ 先生の作品

DSCN8277.JPG

こちらの枝垂れ柳は 自然の形状を生かして


この他に 枝垂れ柳の束を結んで輪状にしたものをいくつか水面にいける
     と言う手法も有ったのに 写真の撮り忘れです
     この輪状にするいけ方が 一番多かったのに
     例外の2作のみ 撮ったなんて なんて片寄った趣味なんでしょう

ちなみにЭ鳥花枝垂れ柳を正月花以外であまり使った事が無い
なので琳派での輪状にしたり水紋に見立てたりと言う使い方は 
とても新鮮であった 
もう一つ『あの おばちゃん』と新しく入った若い方に呼ばれた事も
この教場では新鮮な経験であった  
たいがいが先生でかたずけてしまうので・・・。



昨日見つけた 野薊 小原流では薊は様式の夏の近景・中景に使うので

てっきり夏の花だ!!と思っていたのだが 違うのも有るのか?

それともこの子が変なのか?

DSCN8259.JPG


にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m


     
posted by 8787 at 08:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
枝垂れ柳を流水に見立てるなんて考えた事ないです。
素敵ですね〜 
水紋にも見立ててあるのも見たかったですよ〜!
枝垂れ柳で、こんな発想思いつきません。
すごーい、の一言です。
Posted by 香り at 2009年02月07日 19:43
水仙・椿・柳。まさに今の花達ですね〜〜〜
柳の使い方が面白いです。勉強になります。
この薊って外国の子かもしれません。
すごく棘がするどい子では?
Posted by nageire at 2009年02月07日 20:15
★★★香り様

多分 大先輩が水紋どこかで勉強なさったのだと思います
多くの方がされてましたので 頭を柔らかくして自由な発想をですね

Posted by ごくらく鳥花 at 2009年02月08日 10:47
★★★ごくらく鳥花

柳の使い方 本当に面白かったです 眼から鱗でした

棘するどいし葉っぱの色も物凄く濃い緑で怖いくらいでした
外国の子かぁ〜〜〜 薊辞典見たけど あまりの数で見つけられなかった
Posted by ごくらく鳥花 at 2009年02月08日 10:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。