☆☆☆☆☆☆当ブログ内の画像をクリックしていただくと画像だけの画面に飛びます☆作例捜しは右の欄・検索を利用してね ☆☆☆☆☆☆ このブログは 作例検索がしやすいので 長く残す為に  一ト月に一回記事のアップをしていきます ごくらく鳥花Uは http://ameblo.jp/kintuko5124/ です

2008年10月30日

琳派 大輪菊入り

花材  大輪菊・友禅菊・椿・裏白・黄金柏

器 黒釉扇面水盤2面

お手直し後

DSCN7588.JPG


お手直し前

DSCN7577.JPG

袖師白釉水盤を使う方が多く 一面も残っていなかったので
扇面を2面使うことにしました 怪我の功名かそれが成功したようで
黄金柏や大きな裏白でもゆったりといれる事が出来ました
先輩の先生方の中にはこの器の使い方が気に入ったので
次回はこの使い方ができる お花を特注された方もいらっしゃいました

同じ花材

器 袖師白釉方形水盤

AZ 先生の作品

DSCN7609.JPG


AY 先生の作品

DSCN7569.JPG


袖師の水盤でも横の長さは70p近くあるんだけど
黄金柏や裏白が大きくて裏白4枚はそのままでしたが
1枚は葉を二つに分解して使われてました


にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ  ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m


お時間のある方は リンク集 大阪支部花展アルバムもご覧下さい スライドショウにするとより楽しいです
posted by 8787 at 09:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
裏白の琳派、素敵ですね
扇面の花器をウエーブのように使うなんて、驚きです!!
でも、良い感じですね
黒い色なので、きりっと引き締まった印象です
袖師の琳派もきれい!!
もう、椿が出ているんですね
こちらでは、椿は咲かないので
まだ出回っていないんですよ〜
11月になったら出てくるのかなぁ??
Posted by みちこ at 2008年10月30日 23:09
★★★みちこ様

写真を見てビックリ ウェーブみたいに写ってる〜
現場では 琳派絵画の流文と言うか川の流れみたいと言う感じだったのに
ただ黒だったので袖師のように黄金柏と同調せずに
締まってくれたので これも怪我の功名でした
ただ 家では大きすぎますよ〜〜 いけてますがマイッタです へへ
Posted by ごくらく鳥花 at 2008年10月30日 23:47
裏白しだの大きさに驚きです!
こんな立派な大きさのは、なかなかお稽古でも
来ませんね。どの作品もとても貫禄がありますね。
大きいから、写真で見ると伸び伸び大きく入れると
南国の椰子の葉みたいに元気良く見えます。
白菊も、器も立派だから調和が取れるんでしょうね。
乙女椿ですか?
桔梗や挿花でよく見ますが、生けた事が無く
憧れている花材です。
Posted by mano at 2008年10月31日 06:56
★★★mano様
椿 アーハイハイで種類は聞かなかった へへ
G鳥花こういう所があります..。
乙女椿より少々大きかったです
花びらの色も濃淡のまだらピンクでしたナンだったのでしょう?
今回は全ての花材が大きいかったです大輪菊は写真の時より大きく開きビックリの大きさになりました
家に飾るだけでは勿体無かったです
Posted by ごくらく鳥花 at 2008年11月01日 18:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック