☆☆☆☆☆☆当ブログ内の画像をクリックしていただくと画像だけの画面に飛びます☆作例捜しは右の欄・検索を利用してね ☆☆☆☆☆☆ このブログは 作例検索がしやすいので 長く残す為に  一ト月に一回記事のアップをしていきます ごくらく鳥花Uは http://ameblo.jp/kintuko5124/ です

2008年10月29日

野茨で瓶花 1作

花材  野茨・木苺・中菊

器 准制定瓶花花器
 
正面
DSCN7411.JPG

側面
DSCN7412.JPG

中菊の場合は 一本で決めてもOKでしょうが
小菊の場合は 昨日の作例のように2ヶ所くらいは必要になるのでしょうか?



にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ  ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m


お時間のある方は リンク集 大阪支部花展アルバムもご覧下さい スライドショウにするとより楽しいです


410dai3-3_p[1].jpg

が11月5日より始まります  こう御期待
posted by 8787 at 09:00| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
木苺と菊の葉の組み合わせが
綺麗ですね〜。
野茨が上に大きく展開していて
かっこいいですね^^v
ためがかなり効く野茨をここまで
高くするなんて、すごい技術ですね!
Posted by 香り at 2008年10月29日 21:01
★★★ウェルズ様

早速帰って 見たところ半角くの反対向きが抜けてました 
入れてみたところ正常になりました
適切なアドバイスありがとうございますm(_ _)m
↑完全なる私信 見てるかなぁ貴女
Posted by ごくらく鳥花 at 2008年10月29日 21:58
秋らしい取り合わせですね
逆勝手にいけていますね
どうしても枝振りによって逆勝手にせざるを得ない時は
花の配置に悩みますよ〜〜
でも、きれいにおさまっていて良い花ですね

真っ赤な花展のご案内、インパクトありますね
Posted by みちこ at 2008年10月29日 22:36
これも逆勝手なのに、綺麗に伸び伸び入ってい
て素敵な作品ですね。
主枝のふところが大きくて一輪の白菊が映えています。
私も枝の曲がりに逆らわず、大きく伸び伸び生けられたら
良いなあ!
Posted by mano at 2008年10月29日 23:03
こんばんは!
一輪と二輪でまた微妙に変わってくるのでしょうか
生け花って日本が最初??
奥が・・・深いですね(*^-^*)
ポチッ!
Posted by Sippo☆ at 2008年10月29日 23:24
おはようございます。

そうだった、早く出さなくては、おとこのいけばなさんとこ。

ポチ・・・。
Posted by さな・花の庵 at 2008年10月30日 08:16
★★★みちこ様

こんばんは
左利きの方は逆勝手の方が 入れやすいと伺いました
右利きだったよね!
花展のポスターは 男のいけばな様のいただき物です


Posted by ごくらく鳥花 at 2008年10月30日 22:39
★★★mano様

こんばんは
参考になりましたでしょうか
同花材と言う訳にはまいりませんでしたm(_ _)m
研究会頑張ってくださいね!
Posted by ごくらく鳥花 at 2008年10月30日 22:43
★★★Sippo☆様

こんばんは
その通りです いけばなは日本の物なのです
そして盛花⇒ 水盤に剣山や七宝でいけるは
小原流初代 雲心先生がはじめられたのです
チョット自慢です!
Posted by ごくらく鳥花 at 2008年10月30日 22:50
★★★さな(花の庵)様

こんばんは
それは大変 いそげいそげ←童話のうさぎさんみたい^^

嬉しがりなので 26日申し込み初日に出しました〜♪
Posted by ごくらく鳥花 at 2008年10月30日 22:54
★★★香り様

こんばんは
コメント漏れておりましたm(_ _)m

野茨結構シッカリと立ち上がってくれますよ
Э鳥花は 縦割り留めにしますが・・・。

何しろこの教場 いけばな暦40ウン年の私でさえ
まだ お若い方と呼ばれるところですから

元指導員・元講師・現講師・研修士・研修受講中・○専
いけばな暦50年をゆうに超える超ベテランぞろい
どんな枝でも“お茶の子さいさい”です。


Posted by ごくらく鳥花 at 2008年10月30日 23:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック