☆☆☆☆☆☆当ブログ内の画像をクリックしていただくと画像だけの画面に飛びます☆作例捜しは右の欄・検索を利用してね ☆☆☆☆☆☆ このブログは 作例検索がしやすいので 長く残す為に  一ト月に一回記事のアップをしていきます ごくらく鳥花Uは http://ameblo.jp/kintuko5124/ です

2008年10月26日

瓶花 3作

花材  藪山査子・薔薇・ドラセナゴッドセフィアーナ

器 ひびき

◎△ 先生の作品

DSCN7483.JPG


器 准制定瓶花花器

◎□ 先生の作品

DSCN7491.JPG

器 備前寄角投入

◎△ 先生の作品
DSCN7510.JPG


花材が同じでも 器や花型選びで 雰囲気が随分と変わってきます
派手好き Э鳥花にとっては薔薇は2本欲しい所ですが
1本で構成している方が多かったような
たしかにそのほうが 大人の構成と言うか 手馴れた構成なのだが・・・。



にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m


お時間のある方は リンク集 大阪支部花展アルバムもご覧下さい スライドショウにするとより楽しいです
posted by 8787 at 08:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前にも山査子を使ったのですが
バラと合うとは気づきませんでした。
ゴットを入れることでバラも山査子も
映えるのですね!
山査子が美しいです☆
Posted by 香り at 2008年10月26日 10:20
★★★香り様

こんにちは  そして申し訳ありませんm(_ _)m
コメント欄 UPされるのが遅い場合があってご迷惑おかけしています
seesaaという所を利用しているのですが時々こうなります
本当に お手数をおかけします<(__)>

取り合わせは “花幸”というお花屋さんがして下さいます
社長以下皆さん小原流のお免状保有者です

自分の教室用に注文する時は
“◎級位の千円の瓶花が欲しい”で通じるので
不精者のЭ鳥花には最高のお花屋さんです
Posted by ごくらく鳥花 at 2008年10月26日 13:43
こんばんは!
本当ですね、花器ひとつで印象が変わってきますね♪
個人的には青い花器で
ウ〜ン、バラはやっぱり2輪かな(*^-^*)
ポチッ!
Posted by Sippo☆ at 2008年10月26日 21:47
面白い花の組み合わせですね〜〜
こうゆう異質の組み合わせって
かなり実力がないと、いけられないですよね。
すばらしいですね。
Posted by nageire at 2008年10月26日 22:02
ひびき花器や准制花器は親しみやくて勉強になりました。籠はまだまだですが…。

造形作品展は楽しいですね。実は、スパイダーマン3のDVDを観て蜘蛛の巣がヒントになってストッキングなら伸縮性があるし、ポッケにしまえるので、配送費をおさえられるかな?現場での融通も効きそうやし、何より事前の制作作業が容易(結ぶだけ)な所を狙ってみました。(女性陣はストッキングは下着みたいでイヤ!って猛反対を受けながらも強行突破させて頂いたんですが…。)

昨年の名古屋では、城崎温泉の枝下柳を採用したのですが、ストッキングを極めるってのもいいのかも知れませんね。
Posted by 男のいけばなと暮らし at 2008年10月27日 09:17
コンニチハ!!!

★★★Sippo☆様

器選びで物凄くまようことがあります
多分腕の悪さを器でカバーしてもらおうと野下心が働くのかと(^ ^)ゞ

ぽちっ  いつもm(_ _)m

★★★nageire様

ア! 異質なのですね・・・。
色々混ぜていけるのに麻痺してしまって感覚が・・・。
そう言う感想がいただけると すごく新鮮に感じます


★★★男のいけばなと暮らし様

ゴメンm(_ _)m 名古屋の野外展で拝見したのは
他の支部だったのか 勘違いしておりました

ひびきや准制定・・・。写真が少なくて
普段のお稽古花ではない 特注につい目がいってしまい
どうしてもそちらの写真が多くなってしまいます
この教場以外ではあまりお目に掛かれない物ばかりなので
これからもこの傾向です 




Posted by ごくらく鳥花 at 2008年10月28日 11:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック