☆☆☆☆☆☆当ブログ内の画像をクリックしていただくと画像だけの画面に飛びます☆作例捜しは右の欄・検索を利用してね ☆☆☆☆☆☆ このブログは 作例検索がしやすいので 長く残す為に  一ト月に一回記事のアップをしていきます ごくらく鳥花Uは http://ameblo.jp/kintuko5124/ です

2008年11月30日

和歌山花展B

先日行ってきた花展 ピントのあっているもの乱時UPの予告どうり
本日は2作

DSCN7935.JPG

DSCN7931.JPG


DSCN7904.JPG

JR和歌山駅に隣接したホームに 可愛い いちご列車が止まっていました
テレビのニュースでは見た事があったのですが 実物は初めてです
2両編成のおもちゃのようでした 貴志川線ってここから出ていたのね^^


にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ  ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m
posted by 8787 at 09:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

ひらく 多面性

花材  ユーホルビア・ドラセナゴットセフィアーナ・ダリア・天文冬・霞草・マーガレット

器 ブランベル

□□ 先生の作品


DSCN7896.JPG

取り合わせの色の所為でしょうか クリスマスっぽいです。
ついでに近所のクリスマスツリーを!!

DSCN7828.JPG

街は少し前からクリスマスムードです 
夜になると街路樹に小さな電飾がイッパイ点いて 
キラキラと星で作った樹のようです
用事も無いのに キラキラを観にウロウロ(^ ^)ゞ
このツリーの少し奥に有るマクドでコカコーラゼロSをチビチビやりながら
外の夜景に見とれてボーッとしている事も有ります


にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ  ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m
posted by 8787 at 09:00| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

キササゲで瓶花

花材  キササゲ・椿・著我

器  備前寄角投入

OO 先生の作品 正面

手直し後                          手直し前

DSCN7881.JPGDSCN7875.JPG


側面

DSCN7883.JPGDSCN7876.JPG

先週の可愛い僕と同じ花材がきていました
今回はベテランの先生作です
とても綺麗にはいっていたので手直しされる事は無いだろうと
ボードを立てて撮影したら 大先生 手直しされました(>O<)
器の口元 椿の風情と 著我の扱いに変化が 
側面だと著我のすっきり感が よくわかります
デモデモ 手直し前も好きだぁ〜〜〜〜〜〜



にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ  ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m
posted by 8787 at 09:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

写景盛花自然本位

花材  水木・著我・椿・山羊歯・小菊

器 烏泥小判型水盤


◎◎ 先生の作品 正面

DSCN7829.JPG

側面

DSCN7830.JPG

さすが! お上手な先生の作品です
著我の扱いに風の動きが感じられます

何方かが“もう水木が出ているのね”と仰っていたので
散歩道に有る水木を見てみると枯葉がまだ付いていて芽はまだ堅く 
お稽古に来ていた水木はもう少し暖かいところのものかな?です

秋から初冬にかけての 景色はつい紅葉をイメージしてしまいますが
こういう木枯らし一号を感じさせてくれる作品も 素敵ですね
葉陰の一輪の椿の花がとてもよく効いているし
こんな写景がいけれるように成りたい


にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ  ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m



posted by 8787 at 09:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

晩秋の燕子花

花材  燕子花(実1・花1)



お手直し後 正面

DSCN7844.JPG

側面
DSCN7845.JPG

お手なおし前も後も写真だと全然違いが・・・。(どれも葉が重なって撮って)
何がなんだか状態です ハハハ(^ ^)ゞ  なので今回はお手なおし前はUPしません

手直し@一番後ろの葉組みを後ろに引かれました 側面写真参照
    これでも他の人の作品と比べると後ろへの引きは少ないです
    もっと後ろに倒れている作例が多かったです
   A5組み入れる真ん中の葉組みに左高に枯葉を緑の葉を半分以下の短さに
    フォェ〜〜〜〜!!!そんなに差つけて いいん????とビックリしましたが
    後で他の人の花材の中に自然組みのそういう葉を見つけて納得!!←ヤッパリよお見てはるわ
   B副枝の葉を少し長めに
   C客枝の葉組みを ぐぅ〜と前に倒す
晩秋の燕子花 別の季節とは全然違いすぎる〜〜〜でした

同じ花材で 他の先生の作品4作

DSCN7887.JPG
DSCN7862.JPG
DSCN7871.JPG
DSCN7857.JPG



にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ  ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m
posted by 8787 at 09:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

大阪らしい秋

お友達を大阪城へ案内 流石に連休中 中々の人出でした

何時もはこの時間ほとんど人がいない公園内の道
銀杏が色付いて 足元には実が・・・。

DSCN8072.JPG

この角度から お城を撮るのははじめてかも〜〜

DSCN8073.JPG

何時もの散歩道を 観光するってなんか微妙 
“わぁ〜〜 すごいすごい”と言われても なにが?何処が?
彼女推薦の角度からお城を撮ってみました



にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ  ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m
posted by 8787 at 09:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

和歌山支部花展2

入り口付近の方寸の花より

DSCN7922.JPG

DSCN7920.JPG


DSCN7924.JPG

DSCN7921.JPG


にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m
posted by 8787 at 10:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

和歌山支部の花展

22日23日 和歌山城傍の東急イン3Fで行われている
和歌山支部60周年花展に行って来ました
大勢の見学者に会場の熱気が凄かったです

友人の作品

DSCN8034.JPG

他のコーナーの友人の作品は外光でボケたりフラッシュで別物みたいに写ってしまいました
花展会場の撮影って難しい (−−; 
そんなに意識せずに取った写真は綺麗なのに・・・。(。。;

DSCN7932.JPG

案内のはがきや入場券に使ってあった作品写真と同じコンセプトの作品
綺麗に写った作品 明日より乱時UP


東急イン9Fレストランより昼の和歌山城

DSCN7905.JPG


夕方 お堀に映る和歌山城

DSCN8059.JPG

20枚位撮りましたがどれも手ブレ何とかお城だとわかるのをUP
景色は苦手だぁ〜〜

結構歩いて 運動不足解消しましたよ〜〜〜


にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ  ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m

posted by 8787 at 11:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

山査子で瓶花

花材  山査子・モンステラ・薔薇

器 准制定瓶花花器

IM 先生の作品 正面

DSCN7607.JPG


側面

DSCN7608.JPG


山査子の実はジャムにも消化吸収を助けるお薬にもなるそうです
紅葉した秋らしい葉 真っ赤な可愛い実 バラ科なのでとげもあるそうですが
そうだったかなぁ?? 観察力も鈍ってきたかЭ鳥花((__;)))

それより ジャムどんな味なのかの方が気になる←ーーオイオイお花の感想は?


にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ  ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m
posted by 8787 at 09:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

よそおい

花材  ラクスパー・バラ・ミスティブルー・ヒペリカム・レモンリーフ

器 ひびき&まどか

△△ 先生の作品 正面

DSCN7610.JPG

側面

DSCN7611.JPG


2瓶いけたようでお得な気分になると仰る方もいるようで
たてるかたちとかたむけるかたちの組み合わせです
上の主枝が全体の主枝 下の客枝が全体の客枝と考えて 花材を選ぶ が基本です
社中さんのお稽古ではカリキュラムどうりお稽古してるけど
今年自分は一回だけしか取り組んでないような??忘れるくらいです(^ ^)ゞ

写真の色が飛んで・・・。レモンリーフとバラの葉が区別がつきません
レモンリーフは 店頭売りでは良く見かけますが お稽古に来るのはまれです
ゴッド等のドラセナ系 レザーファン等のシダ系 他でも お稽古用の葉は結構 定番物が多いような
店頭に行くと知らない葉物が ワンサカ 名前が覚えられません へへ


にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ  ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m
posted by 8787 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

どう?展開する この瓶花

花材  キササゲ・椿・著我

器 あすか

お手直し前

KB 君作品

DSCN7597.JPG


うゎ〜〜 直立型その角度に器をおいたら正面に山がくるから
正面80度の客枝が入れにくくない? の質問に ????のお返事
エ〜〜ットどう説明しよう????でお互い?????   


お手直し後

DSCN7600.JPG

えっ!! その手が有ったか
器を変更されてました  
そうだよね この器でシッカリ花型を習得してからの方がイイよね
目から鱗 器を変えるなんて思いつかなかったヨ〜〜〜



にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m
posted by 8787 at 09:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

丸水盤二面で写景・自然

花材  雪柳・水仙・小菊・木賊・晒しカニシダ

器 尺一丸水盤二面


IM 先生の作品    正面

DSCN7800.JPG


側面

DSCN7801.JPG


大きな水盤が無い人にも大きな自然写景を教えたいとの希望で
丸水盤二面を使っていけられました
“そうなんですよね これ以上年をとったら 持てないかも〜
 って言うくらい重い水盤多いですよね これならいいかも
 心のメモにメモメモ(^ ^)ゞ”


にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ  ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m
posted by 8787 at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

万年青の瓶花

花材  桐・万年青・椿

器 瑠璃角花瓶

◎◎ 先生の作品

正面

DSCN7813.JPG

側面

DSCN7812.JPG

桐・万年青・小菊でいけたことはあるが椿とは 一段と格調が上がるし
いけ難いような・・・。
この作例は 桐で副枝を取っていますが 桐の枝ぶりいかんでは
万年青で副枝を取る事もありますよとおしえてくださいました


桐は見た事も無い大きさの実が来てました(笑)
って言ってももう出発準備で 
この記事見れてないかな←ここ二、三日私信が多いです(^ ^)ゞ


にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ  ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m
posted by 8787 at 09:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

玉シダの様式

花材  玉シダ・薔薇・マーガレット

器 青磁水盤

YA 先生の作品 正面

DSCN7808.JPG


側面

DSCN7809.JPG


器 丸水盤

MO 先生の作品

DSCN7784.JPG


今日の玉シダは葉巾が広くとても立派で 癖も少ないものでした
薔薇の花も大きく 尺一の丸水盤では少し小さすぎるようにかんじました

すごく上手い先生の作品だけに惜しい気がしました
せめて上の青磁水盤くらいの方が 
MO先生の作品の迫力が伝わったように思います
“思わず上手い!!!”って声が出たくらいの出来だったんですよ


にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m
posted by 8787 at 09:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

瑠璃角で文人

花材  木瓜・水仙・椿

器 瑠璃角花瓶

正面
DSCN7815.JPG

側面
DSCN7816.JPG


この作品も 講師試験目指している方の作品です

研修を受けている方や 講師試験を受ける方々の
お稽古量と言ったら頭が下がるくらい多く
高度な作品を時間も短く手際よく 纏めてらっしゃいます

チンタラお稽古している Э鳥花が恥ずかしくなってきます
せめてお写真だけでもと写させていただいています

木瓜の実と花が一緒なんて
昔 シンガポールの植物園で 花と実が1本の木に一緒についていた
のを見たときのショックを思い出しました。
普通花が終ってからしばらくして実がなるだものネ!


19日(水)大阪の天気予報 急に寒くなり12月末頃の気温になる予定
      最高気温11℃だそうです 
      暖かいコート忘れずにね!!!!←私信です




にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ  ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m
posted by 8787 at 09:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

万年青二株 で二種

花材  万年青・小松・寒菊・水仙・日陰

器 袖師白釉水盤

◎◎ 先生の作品

DSCN7797.JPG


この作例は万年青で副枝をとっています
小松で副枝を取る場合もあります
そのときは万年青の葉はもう少し右前に振ります
ご本人談 一番高い寒菊はもう少し高いほうが良かったのに
茎に癖があったので・・・。とのことでした

花材  万年青・水仙・藪柑子・枯松葉・日陰


□□ 先生の作品

DSCN7785.JPG


このお二人の先生方の作品は結構 Э鳥花のブログには掲載してますよ〜〜〜
講師試験を目指している方達で 1日練習していらっしゃいます
何か解る印をしておけばよかったね!  ←今更な私信です



にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ  ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m
posted by 8787 at 09:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

戴き物の自然本位

風邪でお休みの先生から 花材を戴きました 
ありがとうございます&お大事にして 早く治って下さいねm(_ _)m



花材  木瓜・木苺・水仙・小菊・熊笹

器 烏泥小判型水盤


お手直し後 正面

DSCN7782.JPG

側面

DSCN7783.JPG


お手直し前

DSCN7780.JPG


『後ろに引いている木瓜と水仙は良いけど
熊笹をこうギッシリと入れては窮屈でしょう』

《でも〜〜ぉ 隣の公園の熊笹はわんさと生えてたので・・。
ぎゅうぎゅうに生えるもんかと・・・。》

『見たままというのではなく 虚実があって 綺麗に見えるように』
とのことで 熊笹の枚数を減らし 木苺の枝も少し葉の小さいものに
小菊は一本を少し長いものに替えて
前の木瓜の枝は Э鳥花の見方はひっくり返っていたようです

大先生が花材を全部 ズゥブォッとぬかれるだろうと思っていたので
木瓜一枝 水仙3本が残っただけましかと自分で自分を慰める(--;

お手直し後はすっきりして 熊笹が生きています
悔しいけど上手い ってあたりまえか ハハハ(^ ^)ゞ


にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ  ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m
posted by 8787 at 12:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

11月研究会 1級

花材  錦木・著我・小菊

DSCN7762.JPG

DSCN7791.JPG

DSCN7787.JPG

DSCN7786.JPG

DSCN7790.JPG

著我の葉を折って使っていらしゃる 先生が多かったのですが
採点をする先生によっては 自然でないとお嫌いになる方も・・・。
どちらが正解と言うわけでは無いのですが 気になりますよね


にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m
posted by 8787 at 09:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

熊野古道にいける 2作

熊野古道 近露王子集落にいけばなをして来ましたとりあえず
Э鳥花の分のみ2作 本人登場 
20点くらいあるのでゆっくり紹介してゆきたいと思っています


第一作目

花材 古木・苔梅・蔓・ピラカンサ・馬酔木・糸菊二種・小菊他多種

DSCN7708.JPG


製作中

DSCN7668.JPG

古木の切り株以外は蔓も苔梅も自分で運んだため 筋肉が悲鳴をあげ後日発熱しました 

平時はこんな重いものはもてないのですが 作品制作に入ると 
どこか違うスィッチがはいるようで アマゾネスのような力持ちになります
後で とんでもない事になるのですが・・・。

今回も 筋肉を冷やす治療を受けたらそれが元で(勿論疲れも)風邪に・・。
その後とんでもないお医者さんにあたり 風邪をこじらせてしまう結果に(><)でした

もう一作

花材 苔梅・馬酔木・実南天

DSCN7735.JPG

“田上さんのところの甕に花が入ってなかったらいけておいてね”って云われたので

花の入ってない甕に いけたところ 次の日に行ってみると 
ここは田上さん家ではありませんでした?????

頼んだ方もビックリでしょうが 私もビックリ!!!

どこかがいつもピントが外れているЭ鳥花でした

近露の集落の方は 皆さん気の良い方達ばかりで 
これ運んでといへば動いてくださるのに
上手く指示が出せずに 自分で動いてしまい 筋肉痛に

この点は 普段もそうなので 反省&訓練しなくては 指示だし上手くなってネ!!!


にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m




posted by 8787 at 09:00| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

琳派 3作

花材  
黄金柏・椿・2輪菊

扇面 花器にて同じ花材で3作


◎ 先生の作品

DSCN7590.JPG

□ 先生の作品

DSCN7589.JPG

△ 先生の作品

DSCN7583.JPG


同じ花材同じ器を使っての琳派
流石はベテランぞろいそれぞれに
襖絵のようで三面を並べて置いたら
さぞや大作で見ごたえのあるものにと思わせる作品ぞろいです

3世家元存命の折 新人3名の琳派を並べて(2面でいけたものを3人分)
計六面を琳派とはこういう風に何面も続けて飾れると教えていただいた事を
記事を書きながら懐かしく思い出しました


リンク集 ネット花展は今日までです

にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ  ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m
posted by 8787 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

写景盛花自然本位

花材  杜松・米躑躅・小菊・山帰来・山羊歯

器 烏泥小判型水盤

◎◎ 先生の作品

DSCN7769.JPG


昨日UPの方寸写景とよく似た取り合わせですが サイズが〜〜

そうそう昨日の杜松の上に乗っているサルオガセ見たいなのはチランジア・ウスネオイデス
和名サルオガセモドキです
取り合わせから抜けてましたネm(_ _)m


リンク集 ネット花展もご覧下さい

行く前にポチッしてネ!
にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ  ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m
posted by 8787 at 09:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

方寸写景???

花材  杜松・米躑躅・小菊・著我・日陰の蔓

器 方寸用水盤


お手直し後

DSCN7772.JPG


少し上から

DSCN7771.JPG


お手直し前

DSCN7765.JPG


方寸の花をいけるのは初めてなのに 花包みを開けると?????
器の小ささと比べると材料の多さが・・・。
(お手直し前の鋏《15p》の大きさと器の大きさを比べてね)

呆然としてしまった 『どうしたらええの?』
前述の 花幸の専務さん『方寸写景にしたらエエネン』
(??)方寸写景???そんなんもあるんだぁ〜〜〜状態
まだ呆然としていたら『器を2面使っていけたらエエネン』
フォエェ〜〜〜????  って花屋さんの方が詳しいなんて
私の勉強不足が・・・・。 そんな私って(。。)

まず剣山どうするの?でした というのも器の深さがないのです
今回は扇型を使いましたが 針の頭が 水より出る?位で・・。
お手直しくださった先生は七宝を使いますと仰っていました
将来方寸用の剣山が出るのか? それとも出ているのに私がシラナイダケ?

注意事項  二面に分ける時には左右均等に入れるのではなく
      どちらかを軽く入れてくださいということでした
      著我は今回は著我の扱いではなく こういう風に
      エエッこういう風は文章にかけない ハハハ(^ ^)ゞ

本日は 方寸のお得意な吉◎豊◎先生お手直しです

また何時か挑戦します 
今度は写景でなく初歩の方寸取り合わせでお願いしますm(_ _)m←花幸さんへ私信


にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ  ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m
posted by 8787 at 11:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

ネット花展

体調を崩している間にインターネット花展が始まってしまいました

410dai3-3_p[1].jpg第三回インターネット花展“深まる秋” 
花材に赤い色のものを使うでした

提出作品 
花材 紫陽花 深紅の薔薇 紅筋小菊 木苺の枝(日表の赤)と葉先の少々の紅葉
   秋の赤の競演です

DSCN7465.JPG


花材はたまたま家に有ったものばかりです
緑から赤へと変わっていく紫陽花  ア!第2回の紫陽花とかぶるなぁ
と思ったけどこの面白さは 外せない 

これで深まる秋?????
で!!! 色々考えた末が 運動会の“くす球割競技”
赤組の玉が(深紅のバラ)が 丁度命中して 中から 葉 枝 小菊 等が
まさにこぼれ落ちんとする所のつもり
一番苦労したのは 青空に浮いてる感じがなかなか出なかった事

バックのボードの継ぎ目が紫陽花の真ん中で上から吊っている糸に見えるよう
に来る角度を探したり 

上からのライトが陰を作るので違うライトで陰の調節など何時もは気を
あまり使わないところに注意しました



他にもたくさんの作品が下記URLにあります
http://photos.yahoo.co.jp/ikebana147
楽しんでください
その前にポチッしてね

にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m
posted by 8787 at 09:49| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

昨日と同じ花材で自由

花材  ドラゴン柳・ポリポジューム・大輪ダリア

器 まどか

昨日と同じ花材 一瓶分で2作

YO 先生の作品

DSCN7595.JPG

柳の根元側を鋭角に削っている所さすがに神経がいきわたっているなぁ
ダリアの花びらも一枚のみ 研ぎ澄まされた自由作品です

DSCN7596.JPG

 
器を少し傾けて ダリアの所に水がはってあります
水に全花材の足元が付いているので 花持ちもいいし←そっち^^
Э鳥花的にはこちらの方が華やかですきなのですが
この作品の方が古い感覚だそうです 

ヤッパリ! Э鳥花 得意分野までも古くなってきたか

3連休に 熊野古道近露の野外いけばなに参加してきました
その話は、また後後後日
にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ  ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m


お時間のある方は リンク集 大阪支部花展アルバムもご覧下さい スライドショウにするとより楽しいです
posted by 8787 at 09:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

瓶花?文人?ドラゴン柳^^

花材 ドラゴン柳・ポリポジューム・大輪ダリア

器 あすか

CA 先生の作品

正面
DSCN7592.JPG

側面
DSCN7593.JPG


CB 先生の作品

DSCN7591.JPG


器が青磁の花瓶だ・・・。  珍花 奇草 ムムムムム ひょっとしたら文人調なのか?
上の先生があすかをお使いなのでてっきり瓶花かと・・・。
大輪のダリアなんてお稽古花にはめったに来ない物だし珍花になるのか(??)


にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m

お時間のある方は リンク集 大阪支部花展アルバムもご覧下さい スライドショウにするとより楽しいです

posted by 8787 at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

方寸の花 

花材  アスパラガス、ミリオグラダス・ゼラニューム・ワックスフラワー・ソリダコ

WE 先生の作品

DSCN7603.JPG

シマッタ!写真だと小ささがわからんなぁ
せっかくのいい花なのにゴメンm(_ _)m


にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ  ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m
 

お時間のある方は リンク集 大阪支部花展アルバムもご覧下さい スライドショウにするとより楽しいです 
posted by 8787 at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

11月研究会の花 1級脇

花材  万年青・中菊・赤芽柳

器 丸水盤


BA 先生の作品

正面
DSCN7579.JPG

側面
DSCN7580.JPG


BB 先生の作品

正面
DSCN7598.JPG

側面
DSCN7599.JPG


先生方皆様 社中さんの為に自分が復習です
『長いこと中間流ししてなかったけど・・。』ブツブツ仰りながら流石に
ベテランの先生方綺麗にまとめてらっしゃいました


にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ ←見たよ!!のしるしにポチッとしていただけると幸いですm(_ _)m


お時間のある方は リンク集 大阪支部花展アルバムもご覧下さい スライドショウにするとより楽しいです
posted by 8787 at 09:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする