☆☆☆☆☆☆当ブログ内の画像をクリックしていただくと画像だけの画面に飛びます☆作例捜しは右の欄・検索を利用してね ☆☆☆☆☆☆ このブログは 作例検索がしやすいので 長く残す為に  一ト月に一回記事のアップをしていきます ごくらく鳥花Uは http://ameblo.jp/kintuko5124/ です

2008年06月30日

桧扇の琳派 3作

花材  万作・桧扇・鶏頭

器  扇面


KT 先生お手直し

DSCN6216.JPG

とても、奥行きの有る琳派作品で、新鮮に感じた


D 先生お手直し

DSCN6242.JPG

この感じに 一番目が慣れている


J 先生作お手直し無し(拍手)

DSCN6226.JPG


琳派は先生によって とてもはっきりと 個人の特徴が出ます


お稽古用取り合せ一覧

DSCN6214.JPG
posted by 8787 at 12:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

7月研究会 1級 枇杷

花材  枇杷・薔薇・擬宝珠

器  基本瓶

1級の先生がお稽古されてましたが時期が早い為1作のみでした


DSCN6217.JPG


さてこの時期の枇杷 葉を沢山取るのがよいのか
シッカリと残すのが良いのか 
KIMIHO先生の創作作品しか知らないからなぁ




下記ブログに薔薇⇒鉄砲百合の作品が載ってます!
http://blog.livedoor.jp/hanahana_ld/archives/2008-05.html
posted by 8787 at 10:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

夏の多種挿し

花材  夏櫨・笹百合・撫子・鳴子百合・桔梗



お手直し後

DSCN6204.JPG



お手直し前

DSCN6201.JPG



いつも丸水盤なので Φ50pの青磁の器に挑戦
全部 ズボット抜かれました 全滅です(××;
私の一時間は〜〜〜〜〜・・・・。
百合の表情?????
みっちゃ〜〜〜〜んまだ身についてないよ〜〜〜(−−;ツ!ツ!つらい!!



WE先生の作品


正面

DSCN6228.JPG



側面

DSCN6232.JPG


主の夏櫨 これほどの後ろへの引き 恐ろしくて出来なぁ〜い




夏櫨最初の配置と七宝の位置


DSCN6211.JPG


この後笹百合⇒鳴子百合⇒夏櫨⇒桔梗⇒撫子⇒最後に又夏櫨で整える
七宝の数 器がΦ50pだったので、これ+2つ付きを使っていたのですが“必要ない”との事
理由 この器 縁の部分が上がっていて
水の入る面積は丸水盤とあまり変わらないので、だそうです
そこまで考えて無かったよ〜〜  大きいから七宝沢山って単純!!
ほんとうに丸水盤だけでお稽古していると 色々見えてないもの多いよね
私だけかなぁ 伊達に年重ねているの


posted by 8787 at 10:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

芭蕉の文人調

花材  杜松・百合・芭蕉枯葉


器 白磁線描角付瓶


研修V期受講中の方の作品です


DSCN6222.JPG



大先生お手直し中の お背中がうつりこんでいます(拝)(^ ^)ゞ
一作一作とても丁寧に お手直しされるので 順番待ちが長いです^^;

気の弱い人は お願いできず 他の先生にと言う方もおられます
(勿論最初から他の先生希望の方もおられますので、そこは誤解のなきよう)


posted by 8787 at 11:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

名古屋花展 芭蕉4作

名古屋花展は沢山の写真を写して来ました横浜・京都の時
ページが重く見辛いと教えていただいたのでゆっくりアップしてゆきます

今回は芭蕉を主材にしたもの4作です 中・後期より


DSCN6038.JPG



DSCN6039.JPG



DSCN6083.JPG



DSCN6092.JPG



少々時間がたっているので 落ち着いて見直すことが出来
材料別とかいけ方別に整理できたのでその方向でアップします

私事 きのうは1時から5時まで教場にいた ものすごく疲れたのはなぜ?
   単に年をとったから 気の使いすぎ 冷房にあたった?????
   帰りに1時間以上 喫茶店で休憩して一息二息ついても 
   家に帰って寝込んでしまった   うぅ〜〜〜〜ん
   以前はお花に元気を貰って いければいけるほど元気になっていたの   に??????   
posted by 8787 at 10:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

立葵の琳派

花材  立葵・珍至梅・紫陽花・擬宝珠・矢羽根薄

同年齢のSK先生の作品 


DSCN6155.JPG


立葵のようにあでやかな方なんですよ!
posted by 8787 at 14:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

ならぶかたち 3作

私にとって初お目見え 開花状態の ルリ玉あざみ 
あまり綺麗なので アップで撮影


DSCN6164.JPG



花材  ルリ玉あざみ・エメラルドウェーブ・スプレーカーネーション・霞草


正面性

DSCN6161.JPG



花材  ゆり・桔梗・サンダーソニア・クッカバラ・リモニウム

スィートメモリーと言う種類の百合で とても笹百合に似ています
チョット茎が丈夫そうですが
この取り合わせ とても涼しげに見えます 百合と桔梗の所為でしょうか?


多面性

DSCN6162.JPG




花材  ひまわり・ブットレア・フリージア・ゴットセフィアーナ・霞草


多面性

DSCN6146.JPG

ブットレア まだ使ったことが無い花だけど 
とても個性的で好きだなぁ


posted by 8787 at 17:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

立透籠 筍

花材  ななかまど・桔梗・筍


W 先生作

DSCN5730.JPG


筍がすっくと伸びて 桔梗が涼しげに 効いています
立ち透かしならではのボリュウムと 爽やかさです
posted by 8787 at 12:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

今週のお稽古

花材  燕子花・河骨・睡蓮
毎年この季節に 丸水盤でお稽古します 
ひとつの作品で3種の様式が勉強できるので好きなんです
○専でも 取り上げられとても丁寧にノートを纏め上げました
本日はそれにのっとり いけてみました

器は青磁小判型

正面

DSCN6149.JPG


側面

DSCN6153.JPG

しっつこく側面

DSCN6148.JPG


河骨部分

DSCN6151.JPG


睡蓮部分

DSCN6152.JPG


わぁ〜〜〜 ほんとうに自分のいけた作品好 人間じゃ!!!
謙遜と言う物が無い (^ ^)ゞ  水の中がチョット汚いのが気になりますが


お手直し前を撮影するまえに大先生が来て 中間の七宝の位置を変更されましたので 今回は私の稚拙な作品でのお目汚しは無しです

主と客中間が斜めにならぶのイヤと中間の燕子花の七宝の位置を
主より少し後ろ 水盤の縁につけるようにして 位置付けていたのですが
燕子花の花同士が並ぶので 前に出され 真ん中少し後ろよりに変更です

やっぱり丸水盤だけしか練習していないとそう言うところが身についてない

中間の燕子花 前の三枚組みは主寄りなので水際高くで 向かって右高に組んでます
七宝の位置が真ん中より少々後ろなので 組葉は後ろへ高くなっています

珍しく葉組と睡蓮は全然お手直しなしです(キャ〜キャ〜 メチャメチャうれしい)
それに尊敬している先輩が葉組を誉めてくださったし2重に嬉しい
家に帰ってきて 写真で見ると 私的にはイマイチだった

河骨は全面的にお手直しされました ものすごく綺麗になりました
(あったりまえですが〜〜〜〜)
前回の 丸専で一番気になっていた所だったので この入れ方にしてもらって
気持ちがすっきりしました!!!!
posted by 8787 at 18:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

名古屋支部花展 5

今回はこの作品と出会うのも目的のひとつでした

私の好きな角度から


DSCN6067.JPG

作家本人の見せたい角度は
おとこのいけばな様のブログに解説付きででています
会場の雰囲気のわかる動画もついてますよ

http://yaplog.jp/rain147/archive/456 です併せてご覧下さい
posted by 8787 at 09:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

名古屋花展 中期 4

ガラスの器 2

DSCN6017.JPG


DSCN6018.JPG


DSCN6019.JPG


DSCN6020.JPG


DSCN6021.JPG


この器群 どこかで見たような・・・。
その昔さる所で  お仲間群得意の自由で使用されてたような気が
posted by 8787 at 08:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

名古屋 花展報告 3

いつもご迷惑を掛けているのにとても優しく接してくださる
教授の作品です


土曜日

DSCN6002.JPG


日曜日

DSCN6084.JPG

エェ〜〜〜〜ッ!!!!  一晩でこんなに花開いたの?????
お会いしたら 一番にお伺いします

ヒョッとして 花咲じいさんの灰が降った?
posted by 8787 at 08:52| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

名古屋花展 中期 報告

まずは古くからのお知り合いの作品


DSCN6006.JPG


ガラスのコーナーから6作

DSCN6007.JPG

DSCN6008.JPG

DSCN6009.JPG

DSCN6010.JPG

DSCN6011.JPG

DSCN6012.JPG



おとこのいけばな様のブログには 動画があります 併せてご覧下さい

http://yaplog.jp./rain147 です
posted by 8787 at 11:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

名古屋支部花展

土・日曜日と名古屋支部花展 中・後期と見学してきました
日曜日には 5世家元・理事長・院長とも会場でおめにかかりました
ブログ知り合いのおとこのいけばな・男のいけばなと暮らし両名とも
遭遇(きゃ〜!若いオノコ〜〜 未知との遭遇みたいですよ)
ゆっくりとアップして行きます


あDSCN6072.JPG


お見かけした 5世家元です 
背が一段と高くなられたような? その所為か 少しほっそりと感じられました

会員の皆様と お話したり記念撮影に気軽に応じられたりされてました
その周りは黒山の人だかり 
お蔭で他のコーナーの撮影がゆっくり出来ました    感謝(笑)

日曜日には古くからのお知り合いの先生方にもお目に掛かり 
徳川園にも 御案内いただきました。
土曜日にはボストン美術館でモネ展もゆっくりと学芸員の方の解説付きで
見ることが出来ました とても有意義な2日間でした。
posted by 8787 at 12:03| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

様式 夏の多種 他2作

写景盛花 様式本位 近景  夏の多種挿し

花材  夏櫨・笹百合・撫子・鳴子百合・桔梗


P 先生作

正面

DSCN5902.JPG


側面

DSCN5904.JPG


久しぶりに 涼やかな 多種挿しを見た 
つい夏櫨を入れすぎて 暑苦しくなるんだけど 
夏櫨の使い方がものすごくスッキリしていて
笹百合が スックと立っている様子がいい
この作品 好き!!!





色彩盛花 様式本位

花材  花菖蒲(5花)・イボタ・撫子

We 先生作
 
正面

DSCN5942.JPG


側面

DSCN5945.JPG



今日出てくる前に このブログの5月16日に記事を 読んでからお稽古にきたのです 
と嬉しいお言葉 あぁら!少しはお役に立っているのね!!!
で “花菖蒲の葉を2枚重ねて大穴に入れる?”の質問
うぅ〜〜〜 たしかmechi様のブログに わかりやすいアップがあったけど
今見せられないし・・・。 
私の実技披露? お席も隣で・・。(^ ^)ゞ
蚤の脳みそしかないので 忘れている事多いかも〜〜〜〜



写景盛花 様式本位 近景 基本取り合わせではないけど〜〜〜!

花材  燕子花・河骨・太藺


Q 先生作
正面

DSCN5946.JPG



この教場の先生方って 大好きこう言う風に基本取り合わせ以外も時々おけいこしてくださるので  勉強になる〜〜〜〜♪
posted by 8787 at 10:33| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

ひまわりで まわるかたち

花材  ひまわり・トルコ桔梗・レザーファン・カスミ草

器  まどか   (まどかちゃ〜〜〜んみてる?) ←私信(笑)


DSCN5935.JPG


この作品で 教えてもらった事

まわるの時 私の場合 剣山をおおよそ均等の距離に置くのだけど
この先生は4つの剣山を 不均等においてらした (判り難いか?)

私は内接する正方形に近いが 
内接する台形の全ての距離が違い 二つはメチャメチャ近い
 うぅ〜〜〜〜ん! 自分だけにわかる説明か?

とてもいけばなっぽい 剣山のくばり方だと思った
一度挑戦してみよう

この花材の組み合わせは 手に入りやすいので Good! 




posted by 8787 at 08:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

睡蓮の様式と自然

花材  雪柳・太藺・睡蓮


X 先生

様式  正面

DSCN5923.JPG




側面 

DSCN5924.JPG





俯瞰 睡蓮部分

DSCN5925.JPG




W先生 様式                   Y先生 自然


DSCN5949.JPGDSCN5947.JPG


DSCN5950.JPGDSCN5948.JPG

同じ花材で 同時に様式と自然が見れる機会が少ないので 横に並べてみました
posted by 8787 at 12:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

ずいな?

髄菜と書きます
鎌倉様のネット作品に小葉のずいなと解説されていたので 気になっていたのですが 
お稽古にずいなが来たので気になって調べてみました

 
稽古場にきていたずいな

DSCN5906.JPG


花が咲いてたのでアップ

DSCN5907.JPG

図鑑やサイトを調べてみたら小葉の髄菜(木葉の髄菜)は花も葉も沢山写真があるのだが
髄菜は大阪市大の植物園にしかなくしかも紅葉のみ違いがわかりません

写真だけで判断すると この二日間ずいなと花材名を書いてきたがどうも
小葉の髄菜のようだ

    髄菜  わが国固有種で 本州の近畿地方南部〜四国九州に分布落葉低木
        若葉が食べられる事から「嫁菜の木」の別名有り Itea japonica

 小葉の髄菜   アメリカ髄菜とも言う アメリカ南東部原産    Itea virginica

二つとも 雪ノ下科 ズイナ属  昔 幹枝の部分を灯心に使った事から「髄菜」


髄菜は小葉の髄菜に良く似ているが花の穂が長く花のつき方がまばらとなっているので小葉の髄菜と判断
髄菜の花と葉の写真どこかに有ると比べられるのに
似ている花木  令法リョウブ・犬桜イヌザクラ・沢蓋木サワフタギが載っていた

こんな事で半日費やしてしまった このしつっこさがいけない
小事にこだわり大事を逃がす あぁ〜〜人生模様みたい 反省反省(^ ^)ゞ
posted by 8787 at 12:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

ずいなの瓶花4作

花材  髄菜・鉄線・擬宝珠

器  立ち透かし花籠

J 先生 の作品
正面

DSCN5930.JPG

側面

DSCN5931.JPG


同じ花材で

器  備前寄角投入

K 先生の作品
正面

DSCN5913.JPG

側面

DSCN5914.JPG



同じ器で 他の先生

DSCN5915.JPG



器  青磁瓶花花器(准制定)

L 先生の作品

DSCN5936.JPG


同じ花材も 器や活け手で本当に 雰囲気が変わりますねぇ

髄菜 ずいなと読むそうです 初めてお稽古に来たように思います
posted by 8787 at 11:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

話題になった ひらくかたち

花材  松・ずいな・笹百合・鳴子百合・紫陽花

器  白磁瓶

この花材で  ひらくかたち?って思ったのですが


FU 先生作

DSCN5927.JPG

以外や以外 床の間にも合いそうな 和調のひらくかたちに

諸先輩方も次々に写真を撮られていました

FU先生ははじめひびきにいけようとなさってましたが松の幹の太さに閉口されてました

大先生がこの器を 薦められたのですが ?????のお顔でしたよ!

でも出来上がりには 大満足で 皆様が写真を撮るのも嬉しかったようです
posted by 8787 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

花柘榴の文人調

花材  花柘榴・鉄線・筍

  瑠璃角花瓶


AZ 先生

DSCN5917.JPG

ダイナミックな文人です

筍が来ると 口の大きい瑠璃角が活躍します

posted by 8787 at 17:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

銭葵 琳派 4作

花材  銭葵・楓・芍薬・なでしこ・薄



お手直し後

DSCN5940.JPG



お手直し前

DSCN5926.JPG


もう少し楓の整理をしたらの声に 先生の仕事を残しておきます←ーキッパリ!(苦笑)

ところが 楓や撫子・薄 もっと足されたのです?????
私とは 入れ方が違うのですっきりになりました
でも他の先生の作品とは一味も二味も 違っています 同じ花材であと3作
違いをじっくり見てください


Ni先生

お手直し後

DSCN5951.JPG

  
お手直し前

DSCN5939.JPG


M 先生

DSCN5901.JPG
しまった左側 残りのバケツの楓と重なってしまった!


O 先生

DSCN5921.JPG




いかがでしょう楓の扱いが  まるで違うでしょ うぅ〜〜〜〜
楓や薄の多さは 私仕様 としか思えない!!!!
いっぱい入っているの好きだもんねぇ(^^)ゞ
posted by 8787 at 20:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

6月研究会 1級 2作


花材  未央柳・紫陽花・燕子花(花1・葉5)



A 先生

DSCN5905.JPG



B 先生  正面


DSCN5918.JPG



側面


DSCN5919.JPG



ひろりん正面画像 いつもより大きくしておきましたよ

目指せ100点

posted by 8787 at 20:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

落書き パート2

久々の落書きです (光ちゃん)記事数100記念に!




img009.jpg


ネット花展開催中


同時開催 6月2日記事 試作品


fkjhljgfh_p[1].jpg


両方ともみてね!


posted by 8787 at 10:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

花展試作品

ネット花展開催中

住所 http://photos.yahoo.co.jp/ikebana147

     6月2日〜8日まで 


DSCN5566.JPG



額紫陽花をガラスの

器に入れると

涼しげで

初夏になる?












DSCN5874.JPG



おなじ コンセプトで

これを出瓶しようか

と思った 










DSCN5584.JPG



メチャ安易に

5/12アップ分に

額紫陽花の花を

乗せてみた







DSCN5891.JPG



もう1作安易に

水の上に花を

浮かべてみた








DSCN5899.JPG


紫陽花の葉のオブジェ

葉陰に花一輪

一番マシか








DSCN5896.JPG




オブジェに本物の柄

花を乗せ花筏風に

ウゥ〜ン あんまり








DSCN5898.JPG


オブジェと葉を

重ねてみる

写真の花になって

しまった







DSCN5890.JPG




オブジェの上に花と葉

パート1  これは

本当に全然よくない









DSCN5885.JPG





パート2 チョットまし










DSCN5892.JPG



花を取ってみる

思ったようにならない










どれもよく考えたら フォトコン用みたいでイマイチだけど

今まで あまり取り組んで無い方法って無かったかなぁ

つつじの新芽が綺麗だったなぁ 目に青葉で初夏になるか

つつじの植え込みの上に 活けてみようか 変かなぁ


DSCN5523.JPG



パート 1 

ピタットこない











DSCN5557.JPG


パート 2

もっと金属部分に

写り込むかと

期待していたのにぃ〜






でパート3を出瓶しました


理由は単純に ギャラリーが多く集まって

『それいいわ〜〜』と誉めてくださったので

安易な 決め方だけど・・・。


すごく楽しんで作品が作れた

ネット花展 有難う


2番目の作品 出瓶しようかと思っていたので
別ファイルに入れていたため
夜中のアップ時 入れ忘れていた(^^)ゞ
はやくに見にきてくれた方 もう一度見て
ってあつかましい・・・・。




posted by 8787 at 01:05| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

誰かがお好きな 紅李

花材
化粧柳・紅李・桔梗


ならぶかたち

DSCN5681.JPG


同じ花材で瓶花 2作


正面

DSCN5686.JPGDSCN5696.JPG

側面

DSCN5688.JPGDSCN5697.JPG


化粧柳? 上高地の? イヌコリヤナギでは? この名前では綺麗じゃないか

ネット花展住所 続きで



続きを読む
posted by 8787 at 11:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。